スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい報告 

厚生省からこんなご通達があったそうです



これまで全国の動物愛護センターや保健所では、職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬は、捕獲してから2日経っても飼い主が名乗り出ない場合、狂犬病予防法に基づき、ほとんどを殺処分しているのが現状だ。

今回厚生労働省は16日までに、犬の殺処分について、出来る限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など動物愛護センター、保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。病気の予防や食品の安全、働く人が安全で快適に働ける環境づくりなど人の生活に関わる厚労省が、動物愛護の観点に立ち自治体に働きかけをするのは異例。厚労省は「狂犬病予防法が制定された昭和20年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼び掛けているという。2005年度に捕獲された犬は88,827匹で、うち飼い主がみつかったのはわずか14,410匹。動物愛護団体や一部国会議員からは「たった2日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に訴えていた。

しかし、動物愛護センターや保健所では何日間も保護し続ける場所やコスト、それに伴う人手の確保は現実問題として容易ではない。また犬だけに限らず、猫の捕獲頭数、殺処分の頭数は犬に比べてはるかに多く現状のままとなっている。



さらなる問題として、あたかも里親のふりをして引き取った後、毛皮業者への販売や動物実験に使用されるなど、殺処分に関する問題はまだまだ山積している。



これは本当に実施していただきたい。
今までは出してほしくても一般には出さない保健所も多かった・・

でも一般で引き取りのふりして動物実験に・・と引き取り希望してくる人もいるかもしれない・・・

保健所の方々よく見分けて里親さんに出して欲しいものです。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kaori.blog12.fc2.com/tb.php/295-39273556

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。